医療法人正恵会 舘脇医院

三郷市の胃腸科,肛門科,外科,内科,整形外科,小児科 舘脇医院

〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田6-28-13
TEL 048-957-0151
▲Mobile Site
HOME»  予防接種について

予防接種について

平成30年度 三郷市個別予防接種


▲画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

※接種費用は上記、各予防接種の対象年齢内、接種期間内、接種間隔内、指定医療機関での実施は公費負担

ワクチンの接種間隔

生ワクチン
  • BCG
  • 麻しん風しん混合
  • 麻しん
  • 風しん
  • 水痘

27日以上あける
生ワクチン
  • BCG
  • 麻しん風しん混合
  • 麻しん
  • 風しん
  • 水痘
 
生ワクチン
  • BCG
  • 麻しん風しん混合
  • 麻しん
  • 風しん
  • 水痘

27日以上あける
不活化ワクチン(トキソイド)
  • 四種混合
  • 三種混合
  • 二種混合
  • 日本脳炎
  • ポリオ
  • Hib感染症
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒトパピローマウイルス感染症
 
不活化ワクチン(トキソイド)
  • 四種混合
  • 三種混合
  • 二種混合
  • 日本脳炎
  • ポリオ
  • Hib感染症
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒトパピローマウイルス感染症

6日以上あける
生ワクチン
  • BCG
  • 麻しん風しん混合
  • 麻しん
  • 風しん
  • 水痘
 
不活化ワクチン(トキソイド)
  • 四種混合
  • 三種混合
  • 二種混合
  • 日本脳炎
  • ポリオ
  • Hib感染症
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒトパピローマウイルス感染症

6日以上あける
不活化ワクチン(トキソイド)
  • 四種混合
  • 三種混合
  • 二種混合
  • 日本脳炎
  • ポリオ
  • Hib感染症
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒトパピローマウイルス感染症
 

▲画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

平成30年度 高齢者インフルエンザ予防接種のご案内


▲画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

平成30年度 高齢者の肺炎球菌ワクチン定期予防接種のお知らせ


▲画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

平成30年度 三郷市任意予防接種費用の一部助成

【助成対象者および接種回数等について】

種類 対象となる方 助成額 助成回数
おたふくかぜ
ワクチン
満1歳から義務教育就学前までの方
(注1)
2,000円
(注2)
1回
(注3)

(注1)義務教育就学前とは、平成30年度の場合は、平成31年4月に小学校へ入学される方です。平成31年3月31日までに接種してください。
(注2)接種費用が助成額を超えない場合は、接種費用を助成額の上限とします。
(注3)助成回数が1回のため、平成22年10月1日以降に助成を受けていないことを確認してください。

【助成方法について】
(1)市内指定医療機関で接種する場合
・市(健康推進課)へ助成金の申請をする必要はありません。
助成額は2,000円となりますので、医療機関窓口では接種費用から2,000円を引いた金額をお支払いください。
・予診票は、市内指定医療機関窓口にある市指定の任意予防接種用予診票を使用してください。
※市内指定医療機関は画像を参照してください。

(2)市内指定医療機関以外で接種する場合
・償還払いとなります。三郷市ホームページをご覧ください。

【任意予防接種について】
任意予防接種は承認されているワクチンですが、予防接種法で定められたものではないので効果、副反応及び健康被害救済制度などを十分理解し、納得した上で接種してください。

【問合せ先】
〒341-8501 
三郷市花和田648-1 
三郷市健康推進課健康づくり係
TEL:048-930-7771(直通)


▲画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

平成30年度 三郷市風しん予防接種費用を一部助成します

【助成対象者】
三郷市に住民登録をしている
1.妊娠を予定または希望している19歳以上~49歳以下の女性
2.妊婦の夫
上記の方のうち、風しんにかかったことのない方、風しん予防接種(麻しん風しん混合を含む)を受けたことがない方が対象です。
十分な抗体のない方やご不明な方も対象となります。

【助成の対象となる接種期間・ワクチンの種類・助成金額・回数】
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの接種

ワクチンの種類 助成金額 回数
風しん
単抗原ワクチン
3,000円 どちらか
1回
麻しん・風しん
混合ワクチン(MR)
5,000円

【女性の方へご注意事項】
妊娠中は、予防接種を受けられません。
また、女性の方は、予防接種後2か月の間は避妊が必要です。

【助成方法】
・申請書類は市ホームページからダウンロードできます。
http://www.city.misato.lg.jp/5201.htm

接種後に、下記の書類を添えて申請してください。
(1)三郷市風しん予防接種費用助成金交付申請書兼請求書
(朱肉を使用する印鑑で押印)※1
(2)接種費用を証明する書類
(接種した医療機関の名称・接種日が明記された領収書など)
(3)接種したことがわかる書類
(接種した医療機関の名称・接種日・Lot番号などが記載された予診票の写し、または予防接種済証の写しなど)
(4)妊婦の夫に該当する方については、母子健康手帳の写し
(妊婦の氏名が確認できる部分:子の保護者欄)
※1 振込先(金融機関名・支店名・口座番号・名義人)を記入していただきます。
※2 平成25年6月30日以前に接種された方は、上記申請書類(1)~(4)のうち、(2)、(3)はどちらかでも可能です。

【申請受付期間】
平成31年4月30日まで
(郵送の場合は、当日消印有効)

【提出・問合せ先】
提出先:〒341-8501 
三郷市花和田648-1 
三郷市健康推進課健康づくり係
TEL:048-930-7771(直通)

≪埼玉県からのお知らせ≫
風しん及び先天性風しん症候群を予防するために、無料で抗体検査を実施しています。


▲画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ

当院では、厚生労働省の調査委員会の結論が出るまでの間は、子宮頸がんワクチンの初回接種は行っていません。

 
現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

子宮頸がん予防ワクチンの有効性とリスクについて、お知らせします。
ワクチンの接種は、その有効性と接種による副作用(専門的には「副反応」といいます)が起こるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

子宮頸がんは、こんな病気
子宮頸がんは、乳がんに次いで、若い女性に2番目に多いがんです
子宮頸がんは、女性の子宮の入り口部分(子宮頸部)にできる「がん」です。
若い女性(20歳~39歳)がかかる「がん」の中では乳がんに次いで多く、女性の100人に1人が生涯のいずれかの時点で、子宮頸がんにかかると言われています。年間9,000人近くの人が子宮頸がんにかかり、2,700人もの人が亡くなっています。

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こるがんです
ヒトパピローマウイルス(HPV)には、100種類以上のタイプ(型)があり、そのうち、子宮頸がんの発生に関わるタイプは「高リスク型HPV」とよばれています。主に性行為によって感染します。海外では、性活動を行う女性の50%以上が、生涯に一度は感染するといわれ、感染しても多くは自然に排出されます。

子宮頸がんの約半分は、ワクチン接種によって予防できることが期待されています
ワクチンには、ヒトパピローマウイルス(HPV)の成分が含まれているため、接種することで免疫を作ることができ、HPVの感染を防ぐことができます。
子宮頸がん予防ワクチンの接種は法律に基づいて実施されていますが、受けるかどうかは、接種することで得られるメリットとリスクを理解した上で、ご判断ください。
子宮頸がん予防ワクチンの効果
子宮頸がん予防ワクチンは世界保健機関(WHO)が接種を推奨し、多くの先進国では公的接種とされています
子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん全体の50%~70%の原因とされる2種類(16型・18型)のヒトパピローマウイルス(HPV)に予防効果があります。
16型HPVと18型HPVの感染やがんになる過程の異常(異形成)を90%以上予防できたとの報告があり、これに引き続いて起こる子宮頸がんの予防効果が期待されています。

●子宮頸がんは数年~数十年にわたって、持続的にHPVに感染した後に起こるとされています。
●子宮頸がん予防ワクチンは新しいワクチンのため、子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていません。